ゲストハウスへ行ってきた話

こんにちは!

 

実はコヤマは土曜日の夜はお店からちょっと遠征して、野尻湖のLAMPというゲストハウス(←地元民でもオススメ!)におりました。

 

長野に左遷された堀田さん」でお馴染みのゲストハウスで、Nabowaというアーティスト(←サイコーにカッコいいインストバンドです!)のライブを見てきたのです。

 

ゲストハウスとカフェバーですと、根本の形態は異なるのですが、ライブイベントにおける

 

・お客様とお店との距離感

・アーティストとお客様との距離感

・アーティストとロケーション(お店)の考え方

 

の見地を広げようと思って行ってきました♪

 

グッデイハウスでも実装できそうなこと、

正直、グッデイハウスでは実装できないこと、

グッデイハウスなら実装できそうなこと、、

 

いろいろと勉強になる良い機会でした☆

 

いま、パフォーマンスもさることながら、お客様と如何にコミュニケーションを取るかに重きを置くパフォーマー様が増えているのはやはり時代なのでしょうか。

 

ゼロ距離というか、ステージと客席の括りすら曖昧だから生まれる一体感。

 

グッデイハウスをある程度のパフォーマンスに対応できるように設計したのも、

そういうコミュニケーションが生まれる場所が地元にもっとあったらいいなと思ったからです。

 

そしてそういうことを考える為には、

「店側」に立つよりも「お客様側」で楽しむに限ります。
今後、お店に活かせるネタが色々できましたので、お楽しみに。

 

…あれ?

愉しい記事にしようと思ったら、なんか真面目な文書になっちゃいました^^;

 

長野に左遷された堀田さん」をご存知無い方はリンクからどうぞ♪

 

それではまた。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+